スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤と黒 その後 1

  秋の風
  小説のページ
  閉じ去りぬ
  君への愛
  残したままで

  ☆☆☆
  なぜか この夏  友人に進めら
  スタンダールの 赤と黒を 読むことになった
  上下巻あり 結構な厚さの小説
 
  私 ほんとに 読書苦手、 
  根をつめて 文字を読むと
  目は痛むし 頭はぼんやりしてくる
  
  でも 日々ボケが進行している 
   自分に挑戦するため 
  さーーーーーーーーーーと 
  でもよいからできる処まで読んでみようと決心した
  
  この話は フランスの七月革命前夜のお話
  フランの歴史など よく知らないし
  のっけから とっつきが悪い 
  
   登場人物は 伯爵 公爵 男爵
  その関係性もわからないため 
  話にも はいりこみずらい
  
  が がんばってみた
 
  主人公ジュリアン青年は
  野心の人物で 情熱と激しさと繊細さを持つ
  複雑で屈折した人物
   彼は貴婦人たちと 恋に落ちます
 
  ジュリアンさん
  好きなら 好きといっておくれ
  綺麗な花を見たなら あら きれい 
  でよいではないかと 突っ込みたくなる
  
  微妙に重なって行く フラストレーション
 
  つまるところ
  心から 誰かを好きになるというのは
  相手を 欲しいと思う単純なこと
  ただ まっすぐでむくな思い
  やわらかい幼子のような心を
  無防備に
  さらけ出すのは 恐ろしいことなのでしょう
   

  最終章まで あと一息
  くだくだ 思いながらも 腰砕けにならず
  読めているのは 
  やはり 名作の力なのでしょか

 

   
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ちゃとら

Author:ちゃとら
2009.2.9生まれ
☆キャット嬢ちゃとら(♀)☆レッドタビーの立ち耳スコちゃん。好奇心旺盛で些細な事でもチェックは怠らない びびりだけど、へっぴり腰で今日もホフク前進なのよ



にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ

人気ブログランキングへ
著作権、肖像権は放棄していませんが、個人使用でのダウンロードなどはご自由にどうぞ*

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者様sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。